MENU

宅配水のワンウェイとリターナブルの違いは?

宅配水の種類は大きく2つに分けることができます。
どこが違うかと言うとボトルの種類のことで、「ワンウェイ式」と呼ばれるものと「リターナブル式」「ガロン式」と呼ばれているものがあります。
ここでは、それぞれのボトルのタイプについて見ていきましょう。

 

<ワンウェイ式宅配水>

ワンウェイとはボトルの回収を必要としない、配達のみの一方通行であることからこの名前が付きました。
従来の宅配水はボトルが届けるのと同時に空になったボトルを回収して再利用していました。
ワンウェイ式宅配水ではボトルの再利用はせずに使い捨てとなっており、ペットボトルなど同じように家庭ごみとして処理することができます。
ワンウェイ式のメリットは、ボトルの置き場所に困らないことと、使い捨てで外気に触れにくいことからボトル自体の清潔さが保てる上に中の水も常に新鮮さが保てます。
衛生面に特化しているのがワンウェイ式の特色です。

 

<リターナブル式宅配水>

ガロン式とも呼ばれている宅配水のボトルの種類のことで、従来の宅配水で良く見られるボトルです。
硬質なボトルで空になったものは回収して再利用されるため、環境に配慮したボトルであると言えます。
その反面、ボトルの置き場所の問題や、外気に触れやすい点から衛生面を懸念する方が多いのも事実です。
リターナブル方式とワンウェイ方式|最強ランキング!水サーバー選び!

 

宅配水にはこのように、各メーカーごとにワンウェイ式なのかリターナブル式なのかの違いもあります。
アパートやマンションなどで空ボトルの置き場所に困ると言う方はワンウェイ式の方が使い勝手が良いと思います。