MENU

リターナブル式の良い所と悪い所まとめ

宅配水の種類の一つ「リターナブル式」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

<リターナブル式宅配水のメリット・デメリット>
リターナブル式とはボトルを回収・再利用する宅配水の種類のことです。
他にはボトルを使い捨てするワンウェイ式というものもあります。

 

○リターナブル式宅配水のメリット

ワンウェイ式と比べて費用が安い

ボトルを回収して再利用することで費用を抑えることができ、ワンウェイ式と比較するとボトル1本あたりの料金が安く設定されていることが多いです。

 

ゴミを減らすことができる

空になったボトルは次のボトルを届けに来た業者に渡します。
最近はゴミ袋が有料の地域も珍しくないですし、ゴミが減らせるのはうれしいメリットですね。
また、ワンウェイ式も資源ごみとしてリサイクルされていますが、100%リサイクルされているわけではないので、リターナブル式の方が環境に配慮していると言えます。

 

○リターナブル式のデメリット

ボトルの中に雑菌が入りやすい

水を使用するごとにボトルが圧縮されていくワンウェイ式と違い、リターナブル式は開いたスペースにどうしても外気や雑菌が入りやすくなります。
常に空気に触れた状態のため水の劣化も起きやすく、そのためにサーバー自体のメンテナンスが必要になります。

 

空ボトルが邪魔になりやすい

使い終わったボトルは次のボトルが届くまで自宅で保管することになります。
それまでは自宅に置いておかないといけないので、スペースの確保が問題となります。